さら金を借りる際に確定申告の写しが必要?

キャッシングベスト3

さら金を借りる際に確定申告の写しを提出する必要がある?

個人事業主です。さら金を借りることを考えていますが、必要書類に確定申告の写しが必要と聞きました。しかし、どこを探しても見つかりません。どうしたら良いのでしょうか?

重要なのは昨年度の収入を証明する書類

サラ金を借り入れる際に必要な書類は大きく分けて二種類です。一つは本人確認のための書類、もう一つ収入の証明するための書類です。このうち絶対に必要なのは本人確認のための書類です。たとえば、あなたの運転免許証や健康保険証などによって、借りるのが本人であることを証明するわけですね。

そして、もう一つの収入証明のための書類はかならずしも必要なわけではありません。最近では、借入金額が少ない場合、100万円以下などの場合は収入証明に関する書類を必要としない会社も結構あります。ですから、もしあなたが借入額をそこまで必要とされていないとしたら、そもそも収入証明のための書類が必要ないということもありえます。ですから、どうしても見つからないのであれば、まずはそうした会社を探してみるのはいかがでしょうか?

しかし、どうしても収入証明のための書類が必要であるなら、確定申告の写し以外にそれを証明することができる書類がないでしょうか?確定申告の写しが必要な趣旨はあくまでもあなたの昨年度の収入を知るためですから、それに代わるような書類があれば、代替可能ということになります。具体的には個別の会社に確認して確認してみましょう。

確定申告では、サラ金からの借入れは控除の対象になるか?

去年の確定申告での話。住宅ローンが最初のうち、控除の対象になり、税金が安くなると説明書きにあるのに気付きました。それで税務署の係りの人に、「カードローンの借入れって控除でき・・・ないですよね」とダメもとで聞いてみると、あっさり「サラ金からの借入れですか?だめです」といわれてしまいました。

ただ、控除として認められないのは、給与所得者で、生活費などのための通常の借入れをしている場合らしいです。特に青色申告に多いのが、個人事業主で、事業資金として借入れをした場合は、控除が認められるそうです。うーん、それは給与をもらってる自分には関係ないなぁ。

なお、この個人事業主の借入れの場合は、返済金がそのまま税金の対象から控除される、ということはまったくなく、返済の利息分が経費として認められる、というもの。今の金利では年間、数百円から数千円くらいの控除額かぁ。

一方、個人でも、個人事業主でも借入れが控除となるのはやはり、住宅借入金に対する特別控除です。住宅ローンを組んでいる場合、その借入れ残高を基に控除額が計算されます。リフォームでも住宅に関するローンであれば認められるとか。でも、返済がそのまま控除の対象になるわけでなく、期間も限定されています。

なるほど、やっぱり借入れしたものへの返済って、個人的にはどうしても財布から出て行くもの=経費、みたいな感覚になってしまいます。しかし税務署側から見れば、将来の収入を借りて、現在消費に使っている、と見るんだよなぁ。なかなか控除にはなりにくいのだ、と実感しました。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 ※比べて超納得!※貴方に合ったカードローン比較サイトはココ! All Rights Reserved.