闇金がよく使う手口について

ネットでヤミ金について目にします。キャッシング初心者なので、もしそうしたヤミ金にであったらどうしようと不安に駆られます。ヤミ金から借りると、身ぐるみ剥がれて、最後は自己破産など、破滅に至るらしいですよね。そんな目は逢いたくないので、どうしたら闇金を見分けることができるか、ヤミ金がよく使い手口について教えてください。

ヤミ金の手口はどこも同じ。楽して借りれるように見せかける

ヤミ金、つまり違法な貸金業者のことですが、彼らはいつでも罠を仕掛け、そこに自ら進んで落ち込んでくる人がいないか、手ぐすねひいて待っています。どんな人がそこにかかってしまうのか、わかりますよね?それは大手の銀行や消費者金融で借り入れることができない人たちです。そうした正規の場所だと審査に通らない人たちがヤミ金にひっかかってしまうわけです。それでヤミ金の手口は、「審査がゆるい」とか「審査なし」といった甘い言葉で楽して借りられる、と思わせるわけですね。

しかし、考えてみれば分かることですが、返済能力のない人に審査もなしで貸す、とは普通はありえないことです。では、ヤミ金はなぜそんなことができるのでしょうか?それは彼らが借り入れる人本人たちからの返済を期待している、というよりは、その借り入れた人に関係する親族や友人から、お金を巻き上げることを考えているからです。彼らは人間をどうやったら追い込むことができるかを完全に把握しています。

あなたの場合は、現在、正規のところから借りれないような状況に陥っているわけではなさそうですから、普通に大手の銀行や消費者金融から借りれば大丈夫です。

甘い言葉で巧みにだます、闇金の巧妙な手口を知っておこう

「絶対融資」「100%融資」「電話一本ですぐ融資」「無職でも主婦でも確実に融資」…。甘い言葉にゃ裏があるとはよく言ったもので、これらの宣伝文句は正規の業者が絶対に使わないものです。正規の業者ではない=闇金か詐欺ということになります。

闇金の手口も様々です。電柱に貼り紙、チラシやDM(ダイレクトメール)のポスティング、正規業者を装った巧妙な「公式サイト」、大手や他業種の有名企業名を悪用して安心感を与える、既に廃業している業者名を使う、突撃電話勧誘などなど、手を変え品を変えして日々「顧客」を獲得すべく活動しています。

闇金への対策は、利用しないのが一番なのですが、騙されたりつい困って手を出したとなったときは強い気持ちで闘う覚悟をしなければいけません。闇金側に「こいつは使える」と思わせないこと。そのためにすべきことは至ってシンプルです。

正規業者を装って、ニセの貸金業登録番号などを記載している闇金には、詐欺罪も視野に入れて警察に被害届けと刑事告発をすると堂々と宣言しましょう。闇金の大きな特徴は、自分達は絶対に表に出てこないことです。連絡してくる電話番号も返済用の銀行口座も、名義は返済不能になった利用者や「バイト」と称して無関係の人間に契約をさせるものが多く、なかなか尻尾はつかめません。しかし、その分自宅や職場に乗り込んでくる確率はゼロに近く、嫌がらせの電話は「しっかり録音してますよ」と伝えてあげましょう。

もし、闇金だと判っていて融資を受けたとしても、その契約自体が無効であるという判例もあります。これを逆手にとって、闇金から借りて元本も踏み倒す「強者」もいますが、それは人としてお勧めはできません。ただ、困って手を出した後に、利息制限法の範囲を超えた金利で過払いとなっているなどの主張は堂々と行なうべきことです。これも警察へ相談に行くということを伝えるだけでも効果があります。

繰り返しになりますが、闇金にとって「使える」と思われないことが大切です。早々に手を引いた方がいいと思わせられる強い気持ちで臨むことを願っています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 ※比べて超納得!※貴方に合ったカードローン比較サイトはココ! All Rights Reserved.