信販会社の借金は賃貸借契約に影響する?

キャッシングベスト3

信販会社に70万借金がありますが賃貸マンション借りれますか?

賃貸マンションを借りることを検討しているのですが、心配なことがあるので、お尋ねします。実は借金を70万円ほど抱えています。クレジットカードからキャッシングを重ねた借金で、合計が70万円ほどになるのです。不動産の賃貸借契約を結ぶときには審査がありますよね。その際に、この借金が引っかかってしまうのではないかと心配です。こんな状態でも、賃貸マンション借りれるのでしょうか?

不動産業者は金融業者ではないが、信販会社との提携には注意

きっとあなたが心配しておられるのは、あなたの信用情報に信販会社からの70万円の借金のことが記録されているので、不動産業者もそれを知ることができるのではないか、ということだと思いますが、それは不可能です。なぜなら、信販会社同士はそうした信用情報を共有していますが、不動産業者にはそれを閲覧することができる権利はないからです。ですから、あなたが進んで「自分には借金があるから、わたしに貸すのはやめたほうがいいですよ」なんて言わない限りは、不動産業者はこの借金のことを理由に賃貸契約を締結しない、ということにはならないでしょう。

ただ、注意しなければならないのは、もしあなたが賃貸借契約を提携する際に、保証人を保証会社にお願いする場合です。以前と状況が異なり、現在では保証会社が保証する場合が増えていますが、その中に信販会社が含まれています。そして、信販会社が保証するとすれば、当然あなたの信用情報をチェックすることができる、というわけですね。そうなると、あなたのクレジットカードを利用した70万円の借金もバレてしまう、ということになります。

ですから、あなたが締結しようとしている賃貸借契約がどんな契約かをよくチェックするようにしてください。

信販会社に70万借金がありますが賃貸マンション借りれますか?

飲み仲間に弁護士がいると、ついつい中途半端な法律知識が増え、聞いた話をときどき酔ったはずみでしてしまうことがあります。あまりうかつに法律の相談に乗らないようにしようと思っていたのですが、「カードローンで数社から70万円借金があって引っ越しを考えているが大丈夫だろうか」と相談を受けてしまいました。こういうことをいちいち知り合いの弁護士さんに相談するほど仲良くもないし、仲を悪くするかも、と思うと、あくまでも素人の知識ですが、と断ってから回答することにしています。回答といっても、ちょこっと調べたらこんなこといってる人がいたよ、という前置きをつけてですが・・・。

さて、相談してきた人は、現在のアパートに引っ越してきたときは収入が安定していて入居審査に問題はなく、入居審査があったのかさえうろ覚えだったとのこと。その後6年経って、正社員から派遣社員になってしまい、ちょっと割高の家賃になっていたこともあって、ときどき給料日前でカードローンで借入れするクセがついてしまったとのこと。更新を機に改めて安いところに引っ越したいが、今度の入居審査は、この借入れ額の面で通らないかと心配しています。

まず整理したいのは、金融機関で借入れの際に行う審査では、各金融会社が個人信用情報機関に問い合わせて、個人の借入れ・返済状況を調べます。入居審査は、不動産会社などが行いますが、原則、個人信用情報機関に申込者のことを照会することはできません。だって、不動産会社は金融機関ではないので。

でも、最近よく聞きますよね。「入居審査がローン借入れで通らなかった」って。部屋を貸す側は、借りる人の借金残高を知りたいはず、とも思います。でも、いまどき個人情報の利用が法律で規制されている時代、信用情報への照会、不動産会社がいくら照会したくてもできないものはできないのです。

ただ、現在グレーゾーンなのが、不動産会社が家賃保証会社に契約をアウトソーシングしている場合。もともと、家賃保証会社は、不動産屋や大家さんが住居の賃貸契約を結ぶ際に、個人の連帯保証人を代行する会社です。家賃が滞った住人がいなくなってしまったときなどのは、その名のとおり家賃保証をし、家賃回収も代行することもあります。最近では、部屋を借りるときに、(親などの)連帯保証人を求め、さらにこの家賃保証会社とも保証人契約を結ぶよう求める会社も増えてきました。やはり不景気で、「夜逃げ」が多くなってきているのでしょうか・・・。

問題なのは、この家賃保証会社が金融機関でもある場合、いいかえれば金融機関が家賃保証業務を行っている場合です。賃貸契約の際、家賃をクレジットカード払いにしましょう、といわれ、家賃のクレジット払いの契約を結ぶ際、その保証会社が、本来金融機関向けの個人信用情報機関のデータベースに照会したとしたら・・・。もちろん、これは個人情報の本来の使い方ではないので、政府でも議論が起こっています。

ただ、すべての不動産会社がそうした家賃保証会社と提携しているわけではないですし、連帯保証人がいれば家賃保証会社での入居審査が要らないケースもまだまだあります。要は、仕組みが整っていない、あるいは一部企業がフライングしていない段階なのだと考えられています。

一方、このクレジットカード払い、ポイントがつくこともあり、月々の家賃クレジット支払いではショッピングなどと比べてかなりの高ポイント獲得ができます。借入れ額が多くても、いままで支払い遅延がなければ、むしろクレジット払いを選択するのもアリです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 ※比べて超納得!※貴方に合ったカードローン比較サイトはココ! All Rights Reserved.